Images

テアニンゼリー

テアニンゼリー

Details

商品番号 37001
機能性表示食品
届出番号 : B230
機能性関与成分 : L-テアニン 200mg
届出表示 : 本品にはL-テアニンが含まれます。L-テアニンは、質の良い睡眠(朝、目覚めた時の疲労感や眠気を軽減)をサポートすることが報告されています。

定期お届け便20%OFF、3個以上ご購入で23%OFF
販売価格
¥ 3,888
〈軽減税率対象〉

Variations

Add to cart options

Promotions

Product Actions

One-time delivery Automatic monthly delivery

使用上の注意をお読みください

Additional Information

朝、目覚めた時の疲労感や眠気を軽減したい方に おやすみ前のテアニンゼリー 朝、目覚めた時の疲労感や眠気を軽減したい方に おやすみ前のテアニンゼリー

L-テアニンの睡眠改善のメカニズム

興奮を抑え、リラックス成分を増やす

興奮を抑え、リラックス成分を増やす
L-テアニンとは

玉露や抹茶にも多く含まれ、旨味や甘味の素となる
アミノ酸の一種。
睡眠改善効果が認められ、その科学的根拠や安全性が、
消費者庁に届けられています。

でも、この効果を感じるには200㎎
煎茶にすると約20杯(1,600ml)必要。※原料メーカー調べ
テアニンゼリーなら
  • 煎茶を20杯も飲めない。
  • カフェインも気になる。
  • 寝る前に水分は…。
テアニンゼリーなら
  • ひとつで、煎茶20杯分。
  • カロリーわずか1.9kcal。
  • お休み前に食べるだけ。
  • 20杯も飲めない。
  • カフェインも気になる。
  • 寝る前に水分は…。
テアニンゼリーなら
  • ひとつで、緑茶20杯分。
  • カロリーわずか1.9kcal。
  • お休み前に食べるだけ。

L-テアニンが睡眠の「質」を改善

  • 同じ睡眠時間でも疲労感が回復
  • 同じ睡眠時間でも長く寝たような満足感

L-テアニンを含む食品を摂取した人と、摂取していない人(対照食品摂取群)に
それぞれアンケートを行なったところ、L-テアニンを含む食品を摂取した人の方が
摂取していない人(対照食品摂取群)に比べて、起床時の疲労回復感について
「リフレッシュ感がより高い」、睡眠時間に関しては「より長く眠れた」と評価されました。

平均値±標準誤差 *p<0.05
被験者:健康な成人男性22名(平均27.5±0.9歳)
摂取期間:6日間(二重盲検クロスオーバー試験,L-テアニン200mgを含む食品または
対照食品を就寝1時間前に摂取)
小関ら,日本生理人類学会誌, (9 (4), 143-150, 2004)から改変
●研究レビューによる評価です。
●届出に使用した研究論文のうち、代表的な1報を事例として提示しています。
お客様からの声
  • 味は食べやすく、お風呂上りに食べるとほっとする。 (30歳代・女性)
  • 寝るときの儀式のように使用していこうかと思っています。 (50歳代・女性)
  • とてもさわやかですっきりした味わいで就寝前にピッタリだと思いました。 (30歳代・女性)
  • 錠剤と違ってゼリーなので食べる楽しみもありました。 (60歳代・女性)
  • 1個あたりのエネルギーが1.9kcalだから、食べても罪悪感を感じることがなかった。
    砂糖不使用なのも魅力的。
    (20歳代・女性)
  • お客様からの声
※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
朝に余裕が生まれたら...

朝が変わる、お弁当に自信。

週末が変わる、忙しい平日のための準備も、ばっちり。

原材料名: エリスリトール、ゆず果汁/L-テアニン、ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、紅花色素、香料
保存方法: 直射日光、高温、多湿をさけて保管してください。
栄養成分表示: 1個(21g)当たり エネルギー1.9kcal、たんぱく質0.23g、脂質0g、炭水化物1.5g(糖質1.4g(糖類0g)、食物繊維0.084g)、食塩相当量0.016g
摂取の方法: 1日1個を目安に、就寝前にお召し上がりください。
使用上の注意: ・のどに詰まらないよう、容器から吸い込まずにスプーン等で細かく切って、よく噛んでお召し上がりください。
・誤ってのどに詰まらせないよう、特にそしゃく力の弱い方は、注意してお召し上がりください。
・凍らせないでください。
・開封時に中身が飛び散ることがありますので、フタはゆっくりと開けてください。
・気泡が入ったり、沈殿・変色する可能性がありますが、品質には問題ございません。
保存方法の注意: 乳幼児の手の届かないところに保管してください。
摂取上の注意: ・一日摂取目安量を守ってください。
・一度に多量に摂ると、体質によっておなかがゆるくなる場合があります。
・降圧剤、興奮剤を使用されている方は、使用前に医師、薬剤師に相談してください。
その他: ・本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
・本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
・本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
・疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
・体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。