Images

ヘルスエイド®マルチビタミン&ミネラルEX

ヘルスエイド®マルチビタミン&ミネラルEX

Details

商品番号 H50001-teiki
栄養機能食品
(ビタミンC・ナイアシン・パントテン酸・銅・鉄・亜鉛)
栄養機能表示 : ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
ナイアシン、パントテン酸は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
銅は、赤血球の形成を助けるとともに、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。
鉄は、赤血球を作るのに必要な栄養素です。
亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素で、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。


定期お届け便20%OFF、3個以上ご購入で23%OFF
希望小売価格
¥ 5,184
販売価格
¥ 4,147

Variations

Add to cart options

Promotions

■仁丹オータムフェス!通常購入が15%OFF&送料無料 ~9/25(水)まで

Product Actions

One-time delivery Automatic monthly delivery

使用上の注意をお読みください

Additional Information

必要な栄養素を7つの粒で一度に補給!
ヘルスエイド®マルチビタミン&ミネラルEXには、11種のビタミンと10種のミネラルを高配合した栄養機能食品です。現代人に不足しがちな健康を維持するために必要な栄養素を4種の粒に詰めこみました。

■ボディプロテクト
β-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、セレン
■ビタミンコンプレックス
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸
■ミネラルコンプレックス
カルシウム、マグネシウム、セレン、モリブデン、クロム、ヨウ素、鉄、銅、亜鉛、マンガン、ビタミンD
■ビタミンEカプセル
ビタミンE
原材料名: 食用卵殻粉、ビタミンB2含有酵母、ビタミンE含有植物油、還元麦芽糖水飴、ビタミンB6含有酵母、ゼラチン、ビタミンB1含有酵母、大豆レシチン抽出物(フォスファチジルコリン含有)、鉄含有酵母、ナイアシン含有酵母、パントテン酸含有酵母、亜鉛含有酵母、セレン含有酵母、ビタミンB12含有酵母、銅含有酵母、ビタミンD含有酵母、ヨウ素含有酵母、クロム含有酵母、マンガン含有乳酸菌末、葉酸含有酵母、モリブデン含有酵母、ビタミンC、結晶セルロース、ソルビット、酸化マグネシウム、HPC、ビタミンE、グリセリン、β-カロテン、微粒酸化ケイ素、イノシトール、ステアリン酸カルシウム、増粘剤(CMC-Ca)、ショ糖エステル、塩化カリウム、カルナウバロウ、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)
保存方法: 直射日光、高温、多湿をさけて保管してください。
栄養成分表示: 2袋(4.5g)当たり エネルギー15kcal、たんぱく質0.95g、脂質0.66g、炭水化物2.0g、ナトリウム5.2mg、β-カロテン2,000~12,000μg、ビタミンB140mg、ビタミンB240mg、ビタミンB640mg、ビタミンB1260μg、ナイアシン20mg、パントテン酸10mg、葉酸40μg、ビタミンC500mg、ビタミンD0.20~4.0μg、ビタミンE318mg、カルシウム182mg、セレン45μg、クロム25μg、ヨウ素200μg、鉄5.0mg、マグネシウム80mg、銅1.0mg、亜鉛5.0mg、マンガン1.0mg

イノシトール40mg、フォスファチジルコリン45mg、モリブデン5.0μg
1日当たりの栄養素等表示基準値に占める割合: ビタミンC・・・625%、ナイアシン・・・182%、パントテン酸・・・182%、銅・・・167%、鉄・・・67%、亜鉛・・・71%
摂取の方法: 1日2袋を目安に、水などと一緒に噛まずにお召し上がりください。
使用上の注意: ・妊娠中・授乳期の方はご使用をお控えください。
・医師の治療を受けている方はご使用前に医師または弊社までご相談ください。
・体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止してください。
保存方法の注意: ・吸湿して変色、変質する場合がありますので、開封後は保管せずになるべく早くお召し上がりください。
・乳幼児の手の届かないところに保管してください。
・春~秋の間、特に高温になる場所に置くのはさけてください。
・天然由来原料使用のため色に差がありますが、品質上問題ありません。
その他: ・本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
・本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
・亜鉛の摂りすぎは銅の吸収を阻害するおそれがありますので、過剰摂取にならないよう注意してください。
・1日の摂取目安量を守ってください。
・乳幼児・小児は本品の摂取を避けてください。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

関連商品