お腹の調子を整えたい方へ ビフィズス菌(ロンガム種BB536)には腸内フローラを良好にし便通を改善する機能があることが報告されています。ビフィーナ(R)Sはビフィズス菌(ロンガム種BB536)を50億個配合!

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)の研究レビューにより、2週間の臨床試験で排便回数が増加しました年齢とともに低下するビフィズス菌(ロンガム種BB536)50億個配合(1包あたり) 人工胃液中でのビフィズス菌生存率約90%(※)1993年の発売以来、みなさまに愛され続けて20年以上機能性表示食品届出以前のビフィーナ(R)シリーズも含む実績です。20年連続 シェアNo.1(※2)/販売実績 累計1000万個突破(※3)※1:ビフィズス菌を空腹時に相当する人工胃液(pH1.2)中に入れ、2時間後の生存菌数を日本薬局方外医薬品規格「ビフィズス菌」の定量法により測定し、生存率を算出(仁丹バイオファーマ研究所調べ)*ビフィズス菌は当社原料であるBifidobacterium longum B536株を使用。※2:出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017」機能性志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015年実績)ビフィーナ(R)シリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)※3:旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナ(R)シリーズ愛用者、販売累計(森下仁丹調べ)30日分が初回限定約23%OFF

ぜひ一度お試しください。[機能性表示食品] 届出番号:A14 ヘルスエイド(R)「ビフィーナ(R)S」 30日分(30袋)初回限定約23%OFF 通常価格3,856円(税込)⇒お一人様1個限り2,980円(税込)送料無料

今すぐ申し込む

こんな悩みを抱えていませんか?便通を改善したい 排便の回数が少ない 原因は、年齢とともに減少する“ビフィズス菌”が深く関係しています。腸内細菌のビフィズス菌割合 乳児:99%以上 成人:約10% 60歳ごろ:1%以下さらに、食生活の乱れやストレスなどにより、現代人は、ビフィズス菌が減りがちです。

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を含む食品摂取をヒト試験の公表されている学術論文を調査したところ(研究レビュー)ビフィズス菌(ロンガム種BB536)が腸内フローラを良好にし、“便通を改善する”ことが確認されました。〈腸内フローラとは?〉私たちの腸内に多種多様な腸内細菌が生息している状態を、植物が集団を作って群れているお花畑の様子にたとえて「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼んでいます。腸内のビフィズス菌が増加すると、乳酸や酢酸などの有機酸の生産量が腸管内で増加。腸内のpHの低下、腸内細菌の構成が変化し、腸内フローラが良好な状態となります。さらにこれらの有機酸が腸管の蠕動(ぜんどう)運動を促進することにより、排便回数や便の性状が改善すると考えられています。ビフィズス菌の割合が増加腸内フローラの変化 ビフィズス菌(ロンガム種BB536)の摂取による糞便中のビフィズス菌占有率への影響ビフィズス菌(ロンガム種BB536)によって排便回数も増加

排便回数の変化 ビフィズス菌(ロンガム種BB536)の摂取による排便回数への影響糞便中のアンモニア量は減少糞便のアンモニア量の変化 ビフィズス菌(ロンガム種BB536)の摂取による糞便中アンモニア量の減少

ビフィーナ(R)S(スーパー)には生きたビフィズス菌(ロンガム種BB536)が(1包あたり)50億個配合(1包あたり)機能性関与成分:ビフィズス菌(ロンガム種BB536)50億個 【届出表示】ビフィズス菌(ロンガム種BB536)の機能性 本品には生きたビフィズス菌(ロンガム種BB536)が含まれます。ビフィズス菌(ロンガム種BB536)には腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。さらに「ビフィーナS」なら“ビフィズス菌”が生きたまま腸まで届く 人工胃液中でのビフィズス菌生存率 約90%※4ビフィズス菌は「熱」「酸素」「胃酸」に弱く、生きたまま腸まで届きにくいと言われています。そこで森下仁丹では、耐酸性の3層構造のハイパープロテクトカプセル(R)を開発。人工胃液中の生存率は、なんと約90%!※4※4:ビフィズス菌を空腹時に相当する人工胃液(pH1.2)中に入れ、2時間後の生存菌数を日本薬局方外医薬品規格「ビフィズス菌」の定量法により測定し、生存率を算出(仁丹バイオファーマ研究所調べ)※5:ビフィズス菌は当社原料であるBifidobacterium longum JBL01株を使用。

「あなたも「ビフィーナS」を試してみませんか?」開発者の声 私たちがビフィズス菌の働きに着目し、研究を始めてから30年以上が経ちました。腸内細菌の重要性が認められ始めたのが約20年前ですから、それよりもっと以前から研究を始めていたことになります。現在も、新種のビフィズス菌発見とその解明など、これまでにない健康増進の可能性を研究しています。「ビフィーナS(スーパー)」の機能性成分であるビフィズス菌(ロンガム種BB536)は成人の腸内に存在するビフィズス菌の中でも優勢菌であり、安全性も高く、長年食品に利用されている菌種です。是非この機会に、機能性表示食品のヘルスエイド 「ビフィーナS(スーパー)」をお試しください。

機能性表示食品とは?科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして消費者庁に届出された食品。機能性表示食品の表示、パッケージに機能性を表示成分の安全性、機能性の科学的根拠、生産・品質管理基準などの厳しいクリア条件〈誕生の背景〉消費者の声「何を基準に選んだらいいの?」「どう機能するのかわからない…」「たくさんあって迷ってしまう〜」 政府の方針「国民の健康・医療費の軽減」「ビフィーナS」は「機能性表示食品」としてこれらの条件をクリア。徹底した品質管理のもと、皆さまにお届けしています。

おかげさまで1993年の発売以来、愛され続けて20年以上20年連続 シェアNo.1(※6)/販売実績 累計1000万個突破(※7)「ビフィーナ」は、創業120年以上の医薬品メーカー森下仁丹が自信を持っておすすめする機能性表示食品です。先進的なシームレスカプセル技術で、生きたビフィズス菌を腸まで「届ける」ことが可能になりました。乳酸菌健康食品部門20年連続売上シェアNo1※6の実績に裏付けられる医薬品基準の徹底管理でみなさまに高品質な商品をお届けしています。※6:出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧1998~2017」機能性志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015年実績),ビフィーナ(R)シリーズ全体での売り上げ。※7:1993年~2016年4月30日までのビフィーナ(R)シリーズ愛用者、販売累計(森下仁丹調べ)おなかの調子を整えたい方へ ビフィズス菌(ロンガム種BB536)には腸内フローラを良好にし便通を改善する機能があることが報告されています。ビフィーナ(R)Sはビフィズス菌(ロンガム種BB536)を50億個配合!ビフィズス菌(ロンガム種BB536)の研究レビューにより、2週間の臨床試験で排便回数が増加しました年齢とともに低下するビフィズス菌(ロンガム種BB536)50億個配合(1包あたり) 人工胃液中でのビフィズス菌生存率約90%(※8)1993年の発売以来、みなさまに愛され続けて20年以上20年連続 シェアNo.1(※9)/販売実績 累計1000万個突破(※10)機能性表示食品届出以前のビフィーナ(R)シリーズも含む実績です。※8:ビフィズス菌を空腹時に相当する人工胃液(pH1.2)中に入れ、2時間後の生存菌数を日本薬局方外医薬品規格「ビフィズス菌」の定量法により測定し、生存率を算出(仁丹バイオファーマ研究所調べ)*ビフィズス菌は当社原料であるBifidobacterium longum JBL01株を使用。※9:出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017」機能性志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015年実績)ビフィーナ(R)シリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)※10:旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナ(R)シリーズ愛用者、販売累計(森下仁丹調べ)30日分が初回限定約23%OFF

ぜひ一度お試しください。[機能性表示食品] 届出番号:A14 ヘルスエイド(R)「ビフィーナ(R)S」30日分(30袋)初回限定約23%OFF 通常価格3,856円(税込)⇒お一人様1個限り2,980円(税込)送料無料

今すぐ申し込む