Images

メディケア®婦人用体温計

メディケア®婦人用体温計

Details

商品番号 Y09501
管理医療機器
販売名 : 仁丹電子体温計MT1622J
医療機器認証番号 : 220AABZX00146000
こちらの商品については、一度のご購入でお一人様3点までとなります。
販売価格
¥ 1,522

Variations

Add to cart options

Promotions

Product Actions

One-time delivery Automatic monthly delivery

使用上の注意をお読みください

仁丹薬房ロゴ
医薬品は仁丹薬房からお届けします。 薬剤師・登録販売者にご相談のある方は、0120-388-688(平日9:00-17:00)までご連絡ください。 医薬品販売については下記よりご確認ください。
※仁丹薬房取扱い商品(医薬品等)とそれ以外の商品を同時にご購入いただいた場合、ご購入商品によって、別便にてお届けさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

Additional Information

私のリズム、正確に測りたいなら実測式の婦人用体温計

メディケア「婦人用体温計」は、スリムな軽量タイプで使いやすく、携帯にも便利です。平均90秒(口中で約1~2分)でも測定可能です。より厳密に測定する場合は、そのまま体温計を取り出さずに、口中で約5分測定してください。うっかり電源を切ってしまっても前回の測定値がわかります。通常の検温測定の場合は、ワキ下でも使用可能なので、ご家族でお使いいただけます。
使用目的又は効果: 測温部を部位に接触させて、腋窩、口腔(舌下)の体温を測定し、最高温度を保持しデジタル表示すること。
仕様: 類別: 機械器具16体温計
一般的名称: 電子体温計
種類: 婦人用 測温部一体形 一部防浸形
測定方法: 実測式
感温素子: サーミスタ
電撃保護: 内部電源機器 B形装着部
測定精度: ±0.05℃(35.00℃以上38.00℃以下)
     ±0.1℃(32.00℃以上34.99℃以下及び38.01℃以上42.99℃以下)
     [標準室温23℃にて恒温水槽で実測測定した場合]
測定範囲: 32.00℃~42.99℃
目量(最小表示単位): 0.01℃
動作環境 温湿度: 周囲温度10~40℃
         相対湿度30~85%RH
保管条件: 周囲温度-20~60℃
     相対湿度30~95%RH
体温表示: デジタル表示4桁+℃表示
消費電流: 0.1mA(測定時)
電源電圧: DC1.5V(アルカリマンガンボタン電池LR41×1個)
消費電力: 0.15mW
メモリー数: 1個
外形寸法(mm): 長さ128.5×幅18.2×厚さ9.8
重量: 約10g(電池含む)
付属品: お試し用電池(アルカリマンガンボタン電池LR41×1個)、収納ケース、取扱説明書(保証書)、添付文書
使用方法: ①本体の電源スイッチを押し電源を入れてください。ピッという音が鳴ります。(もう一度押すと電源が切れます。)
②「℃」マークが点滅すれば測定準備完了です。
③測温部を舌下又は腋下に密着させ測定を開始してください。
④測定が安定すると、口中約1~2分、腋下約3~4分でブザーが鳴ります。
⑤測定終了後は舌下又は腋下から体温計をはずし、表示された温度を確認してください。
⑥電源スイッチを押して電源を切ってください。(電源を切り忘れても、測定完了ブザーが鳴った後、約9分で自動的に電源は切れます。)
使用上の注意: ・体温測定は同一部位で一定時間行ってください。
・運動、入浴、食事の後、約30分間は測定を避けてください。
・体温以外の測定には使用しないでください。
・環境温度が10℃を下回る場合や、40℃を超える場合は、正確な測定ができない可能性があるため、指定した環境内で使用してください。
・「Err」表示がでる場合は、お問い合わせ先(0120-181-109)までご連絡ください。
・測定後、「H」表示がでる場合は、測温部の温度が42.99℃を超えています。一度電源を切ってから濡らして固く絞った布で拭く等して測温部の温度を冷やしてから、再び測定してください。
・「L」表示がでる場合は、測温部の温度が32.00℃未満です。エラーではありませんので、そのまま測定を続けてください。
・一度電源を入れると、口内や腋下で測定せずに放置した場合でも、測定が行われている状態になります。そのため、電源を入れてから約20秒後にブザーが鳴り続けますので(約7秒)、一度電源をお切りください。なお、この状態は故障ではありません。
・電池容量が不足すると「▽」マークが表示されますので、電池を取り替えてください。
・測定結果の自己診断や治療は危険です。医師の指導に従ってください。自己診断は、病気が悪化する恐れがあります。

関連商品